格安レンタルサーバー比較で最適なチョイスを

ホームページをはじめて作る方が、少しでも安い格安レンタルサーバーを利用して初期費用をできるだけ抑えたいという方はこちらのページをご覧ください。
初期費用の安い格安レンタルサーバー比較

また、ウェブ作成中級〜上級者の方が、国内・海外の格安レンタルサーバーを複数台借りて自分でIPアドレスの分散を図り、総合的なコストを少しでも抑えたいという方も同じく上記ページをご参照ください。

ホームページ作成の際のレンタルサーバー比較は、あとあとのことを考えると毎月の維持費がかかってしまうので、少しでも月額料金の安いところで借りたいものです。

けれども、月額料金のほかにも初期費用がかかりますので、たとえ月額料金が激安であったとしても、初期費用が高額の場合はあまり意味がありません。コミコミ料金までを加味し、総合的にご判断することをおすすめします。

また、当サイトでは月額払いよりも年間一括払いを強くおすすめしておりますが、サーバー費用をできるだけ安く抑える秘訣は、年間一括払いによる割引制度を利用する点にあります。

3年単位で借りるとさらに割引になるケースもあり、余裕のあるときに一括で払ってしまうのがコストパフォーマンスを最大化させるための重要なポイントといえるでしょう。

一方で、年間一括で高い料金を出したのに案外重かったとか、自分には必要のない機能だったとか、マルチドメインを使えなかったとか、あるいはデータベースが使えなくてCMSを利用できなかったとか、契約してしまったあとに後悔することも多々あるものです。

必要な機能とそうでないもの、あったらいい機能となくてもいいものなどを正確に判断することも、ホスティング選びの際の大切なポイントとなります。

レンタルサーバー導入の際の比較ポイント

導入の際の決め手となるポイントはユーザーの利用目的によってまちまちではありますが、一般的には次のような要素があります。

  • 容量や転送量、サーバースペックなどのリソース的な側面
  • セキュリティーや稼働率、バックアップなどの安全面
  • データベースやCGI、マルチドメイン、CMSなどの機能面
  • 成人向けコンテンツ可能などの自由度の側面

あなたのホームページが画像や動画のコンテンツがメインなら、容量や回線速度などのリソース的な要素を無視できませんし、膨大なアクセス数がある場合も転送量を考慮に入れる必要があります。

あるいは、もし企業サイトであるなら、サーバー稼働率やSSLなどの個人情報に関わるセキュリティー要素、またはデータ消失のリスクに備えたバックアップ機能なども必須の条件となります。

1日の売り上げが数百万円以上発生する企業サイトの場合、1日サーバーが停止するだけでも数百万円の機会損失につながるため、サーバー費用をケチるべきではありません。また、顧客の個人情報が漏えいしてしまったり、消失してしまった場合、会社の業績に大きなダメージを受けてしまうリスクも存在します。

あるいは、成人向けコンテンツの公開が可能かどうかや情報商材の販売や再販権など使用条件の自由度を決め手とする人などさまざまです。

当サイトでは、訪問者さまの様々なニーズに合った最適なサーバー選びのお役に立てるよう、実際に利用したことのある、もしくは今後利用するかもしれないサーバーのオススメ情報をご紹介しております。